会長あいさつ

宮崎県社会保険労務士会
会長 橋口 剛和

宮崎県社会保険労務士会のホームページをお開き頂きまして誠にありがとうございます。

私たち社会保険労務士は、労働・社会保険、年金、人事労務の専門家として唯一の国家資格者です。昭和43年の制度発足以来今日まで、中小企業の健全な発達と労働者等の福祉の向上のために、日々努力と研鑽を積み重ねて参りました。

平成23年2月からは、法務大臣の認証を受けて、民間型ADR機関である「社労士会労働紛争解決センター宮崎」を設置し、いじめや嫌がらせなど職場での労働紛争の解決促進のために力を尽くして来ております。昨年12月1日には、宮崎市内の宮交シティ2階に「街角の年金相談センター宮崎(オフィス)」を開設し、身近で気軽に立ち寄れる年金についての相談所として、多くの方々にご利用いただいております。

また、毎年10月には宮崎・延岡・都城・日南地区での無料相談会、11月の勤労感謝の日には「働く人のための電話無料相談会」、12月には中小企業支援セミナー開催にも取り組んで来ております。 宮崎県内においては、有効求人倍率等の改善がありながらも、人手不足が全産業に広がり、中小企業での景況判断はここ数年厳しい状況が続いています。こうした時にこそ、社員の育成・定着をはかり、安心して働ける職場・働き甲斐のある職場を実現して、真の意味での生産性の向上を目指さなければなりません。

私たち宮崎県社会保険労務士会では、中小企業の発展のために「人を大切にする経営」が不可欠であるとは発信しています。人の採用に関する諸手続はもちろんのこと、就業規則等の整備や教育訓練の指導・援助、労使間トラブルの予防など、労働環境改善に向けて、会全体で資質の向上にも力を入れています。

企業を取り巻く労働関係諸法令は、とりわけめまぐるしい改変が続いています。法令遵守はもちろんのこと、職場の活性化にはさらに苦心や工夫が必要です。

そのために、中小企業の応援団(サポーター)・労働の専門家・社会保険の専門家である社会保険労務士をご利用ください。このHPを参考にしながら企業にとってもっとも大事な「ヒト」についてのエキスパートである社会保険労務士を、どうぞ積極的にご活用頂きますようよろしくお願い申し上げます。

平成28年1月